日本の科学を考えるガチ議論
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ

ガチ議論2015 本番情報

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
66

東大総長参戦!

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
19

多方面からのご意見、ご感想

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
21

最新記事

q03

文科省について -文科省お役人への質問のまとめII-

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
1
『ガチ議論企画その1:「文科省お役人への質問大募集」』では、文科省についてのコメントも沢山いただきました。研究職(研究者)から行政職(官僚)になるようなキャリアパスがあれば、行政機関は先端分野への対応力の強化などが図...続きを読む

q02

その他の問題 -文科省お役人への質問のまとめIII-

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
6
今回、『ガチ議論企画その1:「文科省お役人への質問大募集」』にはご質問が沢山寄せられましたが、その内容は多義にわたりました。日本の科学は国際的に不平等な状況におかれているのではないか?研究リソースを効率的に活用するための...続きを読む

20130417b3

ガチ議論企画その1:「文科省お役人への質問大募集」

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
61
文科省タスクフォース戦略室長の斎藤卓也さんからの投稿 “文部科学省「科学技術改革タスクフォース戦略室」の紹介” をいただいています。 このガチ議論サイトは、研究社会の諸問題がテーマですが、単なる愚痴に終わらないよう...続きを読む

20130417_mext

文部科学省「科学技術改革タスクフォース戦略室」の紹介

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
1
文部科学省の斉藤卓也です。 このほど文部科学省に「科学技術改革タスクフォース戦略室」という新しい室が設置されましたのでご紹介します。一番下の記事をご覧ください。 もともと、昨年春に中堅職員による省内タスクフォース...続きを読む

尾崎美和子先生

監査局や研究公正局の設立の必要性 〜科学者の心と言葉を取り戻す為に〜

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
41
この10年あまり、アカデミアの不正経理[i, ii, iii, iv]、データ捏造[v, vi]は言うまでもなく、科学技術予算の配分、審査、評価の不公正性、利害対立や感情論からくる研究妨害、誹謗中傷等による人事妨害、雇用...続きを読む

20130402

海外日本人研究者ネットワークを作りました

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
12
私たちは海外各都市にある日本人研究者コミュニティの連合、海外日本人研究者ネットワーク United Japanese researchers Abroad (UJA) を昨年末に立ち上げ、お世話させていただいているもので...続きを読む

20130401

労働契約法改正は朗報か

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
28
労働契約法改正は科学者コミュニティにどのような影響をあたえるか  2012年8月に労働契約法が改正され、2013年4月から施行された[i]。法改正で最も重要な点は、有期労働契約が5年繰り返され、通算5年を超えた場合...続きを読む

20130329d

iPS細胞の研究に関する大誤報を目の当たりにして感じたこと

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
6
山中伸弥博士がiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞して日本中が興奮したのも束の間、ハーバード大学の日本人研究者を騙る人間がiPS細胞に関する研究で大きな問題を起こしてしまいました。まずは簡単に経緯を紹介します。 今月1...続きを読む

hendatoomoimasenka

ある学生の疑問~学術雑誌のシステムについて~

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
13
博士課程の学生です。私みたいな未熟な研究者(の卵?)が、このような場所に寄稿しても良いのか悩んだのですが、これから研究者を目指す自分にとって、この業界について非常に疑問に思っている点があったので文章にまとめてみました。 ...続きを読む

031413

安定した基盤的研究費の導入を!

ツイッターまとめ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
15
国の研究予算が増加しているのにもかかわらず、一般研究者にはそのメリットを受けている実感はほとんどありません。むしろ、日本の研究者をとりまく環境は、キャリアパス問題や 論文の国際シェアの低下 など、マイナスの方向に向かっ...続きを読む