日本の科学を考えるガチ議論
このエントリーをはてなブックマークに追加

ご意見の募集

    日本の科学研究の仕組みについて、広くご意見を募集します。このサイトではいただいたご意見についての議論を行います。 本サイトで行われた議論の一部は、日本分子生物学会2015年年会・企画シンポジウム「生命科学研究を考えるガチ議論(仮)」および、その関連企画において取り上げる予定です。
    .
    内容:
    ・ 日本の科学研究の仕組みに関するご意見であれば、どのようなものでも歓迎いたします。
    ・ 研究費の仕組み、キャリアパス問題、望ましい研究環境、大学・研究機関のあり方、論文捏造問題などについてのご意見をふるってご応募ください。
    ・ 現状への批判だけでなく、望ましい仕組みや理想的なあり方についての前向きな提案を中心にしたご意見をお願いいたします。
    ・ 原則的に一つの意見につき議論のテーマは1つに絞っていただくようにお願いします。
    ・ 特定の個人を対象にしたものはご遠慮ください。

     

    .
    分量・形式:
    ・ 原則として、MSワード形式でお送りください。
    ・ 文字数に特に制限をもうけませんが、できるだけ800字以上、3000字以内を目安におねがいします(必要ありましたらこれより長くなっても構いません)。

     

    .
    必須のもの:
    ・お名前・ご所属・肩書(匿名も可能ですが、その場合はニックネームやペンネームなどで議論参加時のユーザーネームと同一であるもの)
    ・メールアドレス(連絡のつくもの)
    ・ご意見のタイトル

     

    .
    できるだけあると望ましいもの:
    ・顔写真(アイキャッチ画像として使用します)、なんらかの写真・図など
    ・画像は1トピックあたり3点まで、できるだけ、1画像あたり1MB以下のサイズでお願いいたします(掲載に際し、画像サイズや解像度など変更させていただく場合があります)。

     

    .
    掲載可能なもの:
    ・パワーポイントやPDFなどの形式で、スライド(画像)やドキュメントファイル等をつけていただいても結構ですが、この場合、サイトからダウンロードされる形式になります。1ファイルあたり、できるだけ3MB以下のサイズでお願いいたします(掲載に際し、ファイルサイズを変更させていただく場合があります)。
    ・簡易アンケートをとることができます。アンケートの実施を希望される場合は、アンケートの内容・選択肢を記載してください。

     

    .
    投稿手順:
    ・ ご意見の内容をMSワード形式で下記メールアドレス宛にお送りください。
      submission[アットマーク]scienceinjapan.org
    ・ 投稿されたご意見については、第38回日本分子生物学会年会・「ガチ議論」委員会で簡単な査読をさせていただき、掲載の可否を判断いたします。修正意見が出た場合は、改訂版をご投稿いただいた後に掲載させていただくこともあります。掲載が受諾されたものについては、委員会がサイトに掲載いたします。